業務用エアコン業者へ依頼方法と業者選びのコツ

業務用エアコントピックス

業務用エアコンの修理はどこに依頼する?
業務用エアコン
業務用エアコンは、一般的に10年以上稼働するということが少なくありません。しかし、機械である以上故障してしまうという...
業務用エアコンで大切な馬力について
業務用エアコン
業務用エアコンを選択する時に、大切なのが馬力です。馬力とは、簡単に言えば業務用エアコンの能力のことをいいます。
業務用エアコンで多いトラブルについて
業務用エアコン
業務用エアコンは夏場などになると使用頻度が上がります。そんな業務用エアコンで多いトラブルについて紹介します。
業務用エアコンのリースはどこで申し込む?
業務用エアコン
業務用エアコンは、購入するにも設置するにもまとまったお金がかかります。そのため、店舗やオフィスによっては新品を購入するだけでなく...

業務用エアコンはどこに依頼する?

業務用エアコンの設置を希望する場合どこに依頼すればよいのでしょうか?まずは、業務用エアコンを設置するにあたり業者から見積りを取る必要があります。現在一般的には、インターネットから業者に申込みを行うのが主流となっています。

 

業務用エアコンを設置する業者は複数ありますが、注意しておきたいのがしっかりと現地調査を行なっているかどうか?という点です。業務用エアコンを設置する際には、現在の状況を確認してからでないと正式な金額は確定できません。現地調査を行い、既存機器があるかどうか?電気工事が必要か?既存の配管を再利用するのか?広さ、面積に問題がないか?搬出経路の確認など確認項目がたくさんあります。

 

そのため、このような現地調査を行なっていないような業者に依頼するのは出来るだけ避けるようにしましょう。どうしても、金額が安いところに目が行きがちですが安いからというだけで決めてしまうのは危険です。現地調査において不明点などは事前に必ず確認をしておくようにしましょう。既存機器がある場合には、それの撤去費用なども含めているのかどうか?見積りにどこまで含まれているのかを必ず確認しておきましょう。また、現地調査を行なっていないところなどは絶対に選ばないようにしましょう。

業務用エアコンのメンテナンス頻度は?

業務用エアコンは定期的なメンテナンスが、とても重要だという話をよく聞きます。しかし、メンテナンスを行う頻度がよくわからないという声も耳にします。メンテナンスの中でも重要なのが、掃除です。掃除といってもフィルターなどを清掃するということではなく、内部を洗浄するということです。業務用エアコンは外からは、あまり汚れなどは目立たない場合がほとんどですが、内部は汚れがちです。

 

使用環境によっても異なりますが、油やタバコ、雑菌、カビなどによって汚れてしまいます。そのような見えにくい汚れを洗浄することによって取り除きます。このようなメンテナンスを行う頻度は、使用頻度や使用環境などによって異なりますが、一般的には約3〜5年ごとに行うのがおすすめです。清潔な環境が求められる医療機関などの場合には、洗浄だけでなく、全体的なクリーニングも定期的に行うことが大切です。

 

このように定期的にメンテナンスを行うことが、より業務用エアコンの使用期間を延ばすことにつながるのです。長く大切に使いたいと考えているのなら、やはり定期的に行いましょう。長持ちさせるだけでなく、衛生的にもメンテナンスはとても大切なことです。

業務用エアコンの掃除について

業務用エアンコンを少しでも長く、効率的に活用するには定期的に掃除をするのがおすすめです。業務用エアコンの掃除はどのようにすればよいのでしょうか?業務用エアコンの掃除については専門の業者に依頼するという方法もありますが、コストがかかるため自分で出来る部分は、自分で掃除を行いましょう。

 

自分で掃除を行うことが出来る部分というのは、フィルター部分になります。フィルターの掃除を怠ると、冷暖房が効きにくくなることや、目詰まりしてしまうことがあります。フィルターの位置は機種によって異なります。どこにフィルターがあるのかわからないという場合には、取扱説明書を参考にしてみましょう。

 

フィルター部分の掃除方法は、掃除機でほこりなどを吸い込む方法や、水洗いをするなどの方法があります。フィルターのお手入れについても、取扱説明書に記載されていますので、それにあわせて掃除を行うようにしましょう。掃除をする時には、安全面に配慮してブレーカーを落として感電しないようにしてから行うようにします。

 

業務用エアコンの掃除をずっとしていなかったという人は、掃除を行うようにしましょう。定期的に掃除をすることで、故障を防ぐことや長い期間使うことが出来るのです。

業務用エアコンの手入れが楽になる

業務用エアコンに関する悩みで多いのが、手入れつまり掃除に関することです。ホコリやゴミなどがたまると故障の原因になるためこまめに掃除しているという人も多いでしょう。しかし、業務用エアコンの手入れは手間がかかりますし、場合によっては高い場所に設置されているということもあるでしょう。そんな、業務用エアコンの手入れを楽にしてくれるのが、フィルターの自動清掃機能付きの物です。ダイキンの業務用エアコンですが、これにはブラシがついていてこのブラシによってフィルターのホコリを掃除することが出来ます。

 

オートクリーンパネルで検索するとすぐに見つけることが出来るでしょう。取ったホコリはダストボックス内にたまります。ダストボックスのホコリがいっぱいになるとリモコンや本体で知らせてくれるので、わかりやすいのも便利です。また、ダストボックスを取り外す必要がなく掃除で吸うだけで回収することが出来るので、簡単です。回収には脚立も使わなくていいので、安全ですし、女性でも出来るため店舗や事務所に導入するのにおすすめです。

 

このような自動清掃機能が付いていると手入れの手間が減りますので、おすすめですよ。

業務用エアコンの販売、施工業者を選ぶ基準について

業務用エアコンを販売している業者、取り付けを行なっている業者はたくさんありますが、どのような基準で業者を選べばよいのでしょうか?まず、価格だけで選んでしまうというのはとても危険です。安いのはとてもありがたいことですが、手抜き工事や欠陥工事をされてしまっては大変です。そのようなことにならないためには、価格以外の基準で選ぶ必要があります。

 

まず、実績や経験がどのくらいあるのかが重要です。最近ではインターネットを通じて業者に依頼するというケースが増えています。そのため、どのような業者であるのかをしっかりと見極める必要があります。実績や経験が豊富であれば信頼度も上がります。また、公共工事などを手掛けているという業者であればさらに信頼度も上がるでしょう。

 

それから、対応力というのもとても重要な要素になります。業務用エアコンの設置には、電気工事などが必要になるという場合や、天井などの補修が必要になるというケースがあります。それらの工事もすべて行うことが出来る業者などはさらにおすすめです。わざわざ別の業者に依頼するのではかなり手間がかかるためです。このようなことを基準にしながら選んでみるようにするとよいでしょう。

業務用エアコンの予算が心配ならリースがおすすめ

業務用エアコンを導入するためには、非常に多くの予算が必要になります。業務用エアコンにまで予算を回すことが出来ないとお悩みの方もいることでしょう。そんな人におすすめしたいのが、新規で購入するというのではなくて、リースで導入するという方法です。リースで業務用エアコンを導入するメリットは色々あります。

 

例えば、導入の初期費用を抑えることが出来ますし、月々の支払金額も少なくて済みます。さらに、経費として処理することが出来るという点も大きなポイントです。契約するリース会社や契約内容などによって異なりますが、リース契約をしている期間中の修理などには修理費がかからないという場合が多いです。業務用エアコンを新規で購入するとかなりのまとまったお金が必要になりますので、その経済的負担を少しでも和らげるためには、業務用エアコンをリースで導入するようにしましょう。

 

業務用エアコンは、業務用エアコン本体の価格と工事費がかかりますが、リースにすればその金額も抑えることが出来ます。業務用エアコンに回す予算が無くて困っているという人は、ぜひ1度業務用エアコンのリースを検討してみましょう。

業務用エアコンは夏を迎える前にチェックを!

業務用エアコンが一番使用されるのは、夏です。日本の夏は猛暑日が多く業務用エアコンがないと業務にも支障があります。そんな業務用エアコンについてですが、夏を迎える前に必ず異常がないか、正常に運転することが出来るかどうかをチェックしておきましょう。

 

夏を迎えてからチェックすればよいのではないか?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、それでは遅いのです。修理や取り付け工事の依頼が殺到するのが夏です。つまり、夏に入ってから点検をして故障が見つかった場合には修理までに時間がかかるということが想定されるのです。そのような場合には最悪数日間、業務用エアコンが故障したまま過ごさなければならないということにもなりかねません。そのようなことを防ぐためにも夏を迎える前に必ずチェックしておきましょう。夏を迎える前にチェックしておきもしも不具合などがあるという場合には、すぐに修理業者に修理を依頼するようにしましょう。

 

夏を迎える前であれば、修理業者も早めに修理に来てくれるということが多いので、必ず修理をしておくようにしましょう。夏を快適に過ごすためにも必ず夏を迎える前にチェックしておきましょう。

業務用エアコンのデマンド機能で節電

現在の業務用エアコンには、デマンド機能がついているというものが多いです。簡単に言えばこれは意図的に消費電力を制限するというものです。一般的な節電方法として色々なものが紹介されていますが、このデマンド制御を行うことが最も確実な節電方法となります。デマンド制御を行うには、それを行うことが出来るリモコンが必要になります。

 

デマンド制御を行うには、リモコンから設定するという場合と室外機から設定する場合などがあります。ピーク時の消費電力を抑えることで確実な節電効果があります。例えば、デマンド制御で70%に設定しておけば、ピーク時に100%運転する場合には30%の節電効果があるということになります。もちろん業務用エアコンの能力を制限するので、快適性ということでは大幅に低下してしまいますが、確実に節電を行いたいという場合などにはとても有効な節電方法となります。

 

設置している台数が複数台あるという場合には、すべてのデマンド制御を行うだけでなく、個別に行うということも出来ます。例えば、店舗スペースはそのままにしてあまり使わない、休憩室や事務所などのデマンド制御をすることでも節電効果を期待出来ます。デマンド制御を活用してみるとよいでしょう。

業務用エアコンのクリーニングを依頼するのはどこにすればいいのか?

業務用エアコンのクリーニングを定期的に行うことはとても大切です。そんなクリーニングについてですが、どこに依頼すればよいのでしょうか?基本的には大きくわけて2つの依頼先があります。まず、1つはダイキンなどのメーカーに依頼するということです。すべてのメーカーがこのようなサービスを行なっているというわけではありませんが、メーカーによるサービスなので、安心感があり例えば業務用エアコンを分解しても壊さないという信頼感があります。

 

もう1つはクリーニングサービスを提供している業者に依頼するという方法です。こちらはお掃除のプロなのでクリーニングに関する知識や技術などが優れています。一概にどちらがよいということは言えませんが価格だけで判断するのであれば、クリーニングサービスを提供している業者の方が安いというケースが多いです。ただし、業者によって技術やサービスの質があるので、業務用エアコンの内部を分解して壊してしまうという可能性もあります。もちろん、しっかりとした技術を持っている業者であればよいのですが、やはりあたり、ハズレはあるようです。参考にしてください。

業務用エアコンの業者を選ぶ際にはアフターサービスが重要

業務用エアコンを購入する、あるいは設置する場合には業者に依頼して行うのが一般的です。そのような業者は複数ありますが、どのような基準において選んでいるでしょうか?業者選びにおいては、価格で選ぶのが多いでしょうが、価格だけでなくアフターサービスが充実しているかどうかを重要視して選ぶようにするのがよいでしょう。例えば保証期間などです。メーカーの保証期間は通常1年間となっています。その他業者によってはもう少し長い期間のものもある場合があります。業務用エアコンはすぐに故障するというものではありませんが、万が一の時のためにも保証期間があるもの、故障した際のアフターサービスをきちんと受けられるところにお願いするのがよいでしょう。

 

リースで導入するという場合には、リース期間であれば修理費用が無料になるというところもあります。業者から業務用エアコンを購入する際には、価格だけを見て決めてしまうのではなく、保証期間やその他のアフターサービスの内容などをよく検討して把握した上で選ぶようにすると後悔することが少なくて済みますよ。ぜひ、これから業務用エアコンを選ぶ際にはチェックしてください。

業務用エアコンを焼肉店やお好み焼き店などに設置する場合

焼肉屋さんやお好み焼き屋さんなどに、業務用エアコンを設置するという場合には、注意が必要です。このような場合には、単純に店内の見取り図と面積だけで業務用エアコンの能力を決定するということは出来ません。焼肉やお好み焼きなどの場合には、鉄板を使用するということになります。そうするとそこから熱が発生しますので、業務用エアコンの能力を決定する際にはそのことも考慮しなければならないのです。忘れずにチェックしておきましょう。

 

同じ焼肉店やお好み焼き店などでもテーブルの数や、ドアの位置、鉄板の数、大きさなどによって最適な業務用エアコンの能力というものは異なります。最適な能力でないと、店内を冷やすことが難しくなってしまうため、このような店舗に業務用エアコンを設置する場合には、しっかりと業者と相談しながら最適な能力の業務用エアコンを選ぶようにするのがよいでしょう。とくに鉄板などからどのくらいの熱量があるのかは、業務用エアコンの能力を決定する際に非常に重要です。覚えておきましょう。これから、焼肉屋さんやお好み焼き屋さんなど熱量の多い所に業務用エアコンを設置する予定がある人は必ず知っておきましょう。

業務用エアコンの依頼先の業者選びのコツ

業務用エアコン販売実績の多い業者かどうか

 

ではどのように業務用エアコンを販売している業者を選んだらいいのでしょうか。
一定の基準やすべてのケースに通用するポイントを探すのは難しいかもしれませんが、ある程度共通している選び方について考えてみましょう。
これは業務用エアコンに限った話ではありませんが、販売実績の多い業者を選択することは賢明な判断と言えます。
販売実績が多いということは、つまりお客さんからの信頼を得ているだけではなく、メーカーからのよい評価を得ているということになるからです。
その業者がメーカーとかなり良い関係にあれば、その分だけ良い価格で提供してもらえる可能性が高くなります。
さらに、多くの商品を販売している実績も、メーカーから安く仕入れるためのポイントになります。

 

業務用エアコンの販売だけではなく工事も担当してもらえるか

 

業務用エアコンを販売しているだけの業者では、施工を別の業者に依頼しなければならなくなります。
できれば販売と工事の両方を請け負える業者に依頼したいものです。
単に二度手間を防ぐことができるだけではなく、保証期間が長くなったり、充実したサポート体制を用意してくれることが多いので便利です。
業務用エアコンの本体を安く販売していても、工事費がかなり高いようではトータルのコストが上がってしまいます。
業者選定の際には、工事費の相場に照らし合わせて、良心的なものかどうか確認してください。
ただし、工事費の中に今後のメンテナンスプログラムの費用などが含まれている場合は、総合的に判断する必要があります。

 

業務用エアコンの工事品質が保証されているか

 

良心的な価格で業務用エアコンを販売して工事まで担当してくれる業者に、安心という要素や品質の面での保証も伴っていることが大切です。
特に、メーカーから出荷される製品自体は問題なくても、施工時に不具合があると、その後頻繁にトラブルとのお付き合いになってしまいます。
工事品質が約束されているかどうかもチェックしてみてください。
品質保証を見極める材料として、国際規格のISOを取得しているかどうか、空調設備を扱うために国が発行している免許を取得した技術者がいるかどうかなど、細部にわたって確認することができます。
さらに、実際の現場での打ち合わせを面倒と思わず、綿密な調査や観察に力を入れてくれると安心です。
このように、業務用エアコンを選ぶ際には、まず販売している業者を見極めることが、その後に大きな影響を与えるという点を意識しておきたいものです。

更新履歴
page top